大阪で安い結婚式をしたいのなら、色々と工夫が必要です。でも、準備すればしただけ、お得に素敵な挙式が待っています!ネットには多くの格安婚、激安婚なども沢山紹介されています。このサイトはそういった知りたい情報や、安い挙式費用で行う為に絶対に外せない人気サイトを一気に集めています。

安い結婚式を大好きな大阪で挙げたい!

安い結婚式大阪

結婚式を安く挙げるには着物はレンタルが良いの?

2017年05月13日 17時17分

レトロ感が魅力的な和装での挙式を安く考えるにあたり、考えなくてはならないのは着物のレンタルです。
買取ではどうしても高くなってしまいますから、洗濯して返せばよい気軽さはメリットですよね。

とは言っても、普段は洋装をすることが当たり前の現代、マナーや衣装選びには疑問がつきまとうと思います。
たとえば伝統的な婚礼衣装と言えば、白無垢や色打掛です。
特に白無垢は挙式の時だけしか着られない特別な着物で、格が高いとされます。
小物類まで全て白で統一されている、神聖な着物です。

色打掛は披露宴にて着られることが一般的ですが、格自体は白無垢と同じとされるので、結婚式での着用もOKです。
引き振袖という選択もあります。
これは卒業式や成人式といった一般的なシチュエーションで着られる振袖とは違い、特別なものです。

色は黒引きと呼ばれる黒地の引き振袖が原則ですが、今では白色など黒ではない色を選ぶ方も増えています。
しかし、もし成人式で振袖を購入し、それが手元にあるという女性の場合、それをお直しして着ることもひとつの選択です。
婚礼用に綿を入れたり着丈を伸ばすのですね。

ちなみに黒留袖は新郎新婦の母親や祖母、姉妹などの親族が着るものです。
色留袖は黒以外の留袖のことで、色のバリエーションで個性を演出することができます。
また、未婚・既婚双方着ることができるので、食事会であれば新婦が着るケースもあるようです。

訪問着は留袖より格は下になるのですが、オシャレな要素をもった着物です。
胸や袖のあたりにつながるように柄が入っており、華やかさがあるのが特徴ですね。
柄が豊富なのが特徴です。

こちらについては花嫁が着ることに関して否定的な意見が多く見られるので、もし訪問着を取り入れたいと思う場合周りの意見をよく聞くことをおすすめします。

着付けとヘアセットを一か所で済ませたいのなら、式場に任せたら安かったという意見が多く見られますが、美容院でもそのサービスは行われているので、比較検討してみるとよいでしょう。
また、もし親しい知り合いに婚礼用の着物を持っている方がいる場合、頼めそうであれば貸してもらうのもひとつの手です。
自分の衣装を貸すことには幸せのおすそわけという意味が含まれ、縁起の良いことですので、先方が良いと言うのなら甘えてみてもいいかもしれませんよ。
安い結婚式大阪